男性看護師のメンタル

女性が9割を超える職場で、男性看護師は上手くやっていけるのでしょうか。本人はもちろん、周囲のスタッフからも「この人大丈夫かな」という先入観を持たれてしまうのが男性看護師の悩みどころです。

 

はじめのうちは気にならなくても、次第にストレスは蓄積されていきます。ストレスが原因で辞めてしまうことは勿体ないことです。それが仕事とは関係のない人間関係のことなら尚更です。

 

たいていの医療現場では、男性看護師の上司は女性になります。生命を預かる使命感から、時には強い口調で叱咤されることがあります。男性同士なら、さほど気にならないことでも女性から言われることによって、男性のプライドは傷つきます。ミスの原因が自分であった場合は更に自信を失くしてしまい精神的ダメージも大きいでしょう。

 

また、男性の習性として特徴的なのが、潜在的な上昇志向があることです。看護師としてスキルアップを目指す意気込みは必要ですが、その意気込みが時として職場や患者に不快感を与えてしまうほど伝わってしまうことがあります。些細なことで信頼を失うきっかけになり兼ねないので、自分で自分の首を絞めることなど無いように注意しなければなりません。

 

男性が少ないという理由で、女性看護師のように綺麗な更衣室や仮眠室を与えてもらえないケースもあれば、同年代か年下の男性医師から命令されてストレスを溜めることもあります。その度に退職を考えていてはきりがありません。
年々、男性看護師は増えているので、初めて勤務するときは、先輩に男性看護師がいる職場に就職することが望ましいでしょう。