男性看護師と女性看護師の違い

性別の違いはあっても、男性も女性も看護師であることに違いはなく、待遇面で区別されることもありません。現在、助産師は男性看護師には取得できない資格になっていますが、産婦人科に勤務してはいけないという決まりはありません。生命の誕生を見守りたいという誠実な動機があれば、男性看護師が勤務を希望してもおかしくはありません。乳腺科に勤務して乳がんに悩む患者のケアをしたいと希望してもよいのです。

 

しかし、患者側から、「女性の身体に触れるのは女性看護師にお願いしたい」という要望がある以上、男性看護師の配属先は救命センターやオペ室、透析室、精神科が多くなっています。問題は、ここにばかり男性看護師が集中するのはバランスが悪いということです。せっかく看護師の資格をとって勤務をしたのに、男性だからという理由で幅が広がらなくなってしまいます。

 

病棟の夜勤は体力のある男性看護師を求める声があり、様々な科で活躍できる環境作りが急がれます。男性に出来て女性に出来ないことをマイナスに捉えるのではなく、男女の特性を生かして看護業務にあたる工夫が必要なのです。

 

例えば、薬を飲まずに看護師を困らせる子供の患者が、男性看護師が対応した途端に飲むことがよくあるそうです。患者の年齢が小学生くらいの女の子の場合、若い男性看護師の言うことなら聞くということなのかもしれません。一般企業では厄介な仕事を男性に押し付けると思われてしまいますが、患者中心で看護を行なう医療現場では、男性だからこそ出来る任務だと誇りを持ちましょう。